当サイト「注目のベンチャーネットを知っておきたい」で、SFAやコンテンツマーケティングなどについてご説明しています。

前へ

次へ

ベンチャーネットが提供する企業戦略を、当サイト「注目のベンチャーネットを知っておきたい」で配信しています。
収益に繋がるセールスフォースやオラクルのマーケティングオートメーションなどのお役立ち情報をお届けしています。

実行・検証のオートメーション化によってPDCAを高速化させ、モニタリングした購買シグナルを元として新たな顧客を探し出し、セグメント化して次回のアプローチへ繋げる、効率的収益向上モデルが構築出来るワケです。様々なチャネルでの顧客接点を全て人力で統合的に管理し、見込み客を手堅いと見極め、そのニーズの度合いを把握しつつ徐々にエンゲージメント度合いを向上させていくのは、正直なところ非常に至難の技と言えます。

このような「ビッグデータ」を元にしたのマーケティング・オートメーションの活用というのは、これから先、益々重視されると考えられており、アメリカにおいてはマーケティング部門とセールス部門がSmarketingと呼ばれるようなこれまでにない全く新規部門に統合されていく可能性もあると言われています。マーケティングにおける顧客接点というのは、メールやWeb、デジタル広告、ソーシャルメディアやオフラインのイベントなどなど、最近ではますます多様化してきており、それに伴い複雑化しています。

そこで、これから想定される顧客行動に見合ったマーケティングアプローチの指示を最初の段階でシナリオ化しておき、それを実行・検証部分を自動化させる、マーケティング・オートメーションに注目が集まってきているのです。これまで、「マーケティングというのはクリエイティブなものでありオートメーション化は難渋」と考えられてきましたが、最近の「ビッグデータ」テクノロジーの進化によって、全チャネルに渡る顧客行動を把握し、さらに詳細に分析することにより、非常に確度の高峻仮説を誕生させることが出来るようになったため、将来的な実行や検証部分の自動化が実現したのです。


株式会社ベンチャーネットの情報
https://careerbaito.com/corporation/detail/1097